FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコニコカルテット+第1回演奏会 第一部 弦楽四重奏

第二部の弦楽合奏に出てきました。
第一部がニコニコにあがったのでご紹介。


掛け合いの多い編曲も良いし、それをばっちり合わせてる呼吸感も良いし、すごいです。
おじさんは元々この曲をすでに知ってて、耳に馴染んじゃってるからもう評価できないんだけれど、初めて聴く人はどう思うんだろう。
なっっかなかの音楽性も備えた編曲・演奏だったと個人的には思う。



しかし全員きちんと本職がありながら、これをやってしまうというあたり、趣味に対する考え方が変わった。
仕事があるからだとかそういうのは、多分本質的な問題じゃないんだなって感じます。
曖昧な気持ちが無理って終わらせてしまうんだよね、多分。














1stさん、開演30分前ぐらいに弦交換という非常事態にも関わらずこれなんだからビビる。
しかも音のキャラクタが豊富なの。
魔法の右手ですよねー。



びよら弾きとしてはびよらさんの音に意識が行きがち。
カジノのメロディとか、1stとしっかり弾き分けできてて良いですよね。
一つのメロディで二度楽しめるとはなんたる贅沢。



2ndは元々知ってる人なんでいまいち感想書きにくいけど、なんつーか本気が伝わってきてびっくりした。
アツいよアンタ!
おじさんの知らない音が楽器から出てて、いやー、うっかりかっこいいと思っちゃったね、ちくしょ。



四魔貴族のチェロパートは譜面が大変なことになるのは想像に難くないけれど、それを弾いちゃってんですよ。
ベースでドライブ感出さないとメロディだけ浮いちゃいそうなんだけれども、しっかり下で支えて曲が浮き上がらない。
演奏に関わる心理では、この四人纏めてたのはチェロさんだったのかなあというのは、何となく感じました。
なんつーかハートの容量がでかい!




いやー、いい演奏会出させてもらいました。
スポンサーサイト

テーマ : ニコニコ動画 - ジャンル : 音楽

comments

Re: お疲れ様でしたー。

お疲れ様でしたー
四魔オケで弾いたことあるとかすごい…うらやま…


それにしても、次回が楽しみですね(勝手に期待)

お疲れ様でしたー。

日曜日はお疲れ様でした。

音量と体がでかいことに定評のある私ですが、
ハートはチキンです。。四魔冒頭はずすし。。。OTL

あと、四魔貴族は昔オケで弾いたことがあるので、
その時の感じを思い出しながら弾いてましたw

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Information




FAUCHET

  • かいてるひと:FAUCHET
  • ないよう: ヴィオラ・オーケストラ・なんちゃって書評あたりを軸に、いろんな音楽からサブカルまでなんでもあり。つまり実が無い。

    しゃしんのびよら: 名前つけると愛着湧くかなぁと思って、良く鳴るから「メイ」にしたんだけど、全然違う名前でみんなに好き勝手呼ばれるふびんなこ
    ばいよりんじゃないよ!

     C線: えばぴらっつぃ
     G線: えばぴらっつぃ
     D線: えばぴらっつぃ
     A線: すぴろこあ

    *ごちゅうい*
    かいてるのはあたまがイタイひとなので、てきぎスルーしてね♪

Recent Entries
Archives
03 02 12 10 09 08 07 06 05 03 02 01 12 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 
Category
Recent Trackbacks
Total
全タイトルを表示
Bookmarks
アクセス解析

経県値
Recommend




 ここではヴィオラを中心に見たクラシックや、菅野よう子と菊田裕樹を中心にしたサウンドトラック、また映画のレビューを付けています(クリックでレビューへ移動)。


ヴィオラ

 今井信子ユーリ・バシュメットあたりのどちらかというとソリスティックな演奏が好み。
 国内版から、隠れた良盤・海外盤まで、少しずつ紹介を増やしていきたいです。






菅野よう子

 型にはまりすぎず、かといって書き散らすわけでもない。絶妙なバランス感からくる魅力。えぐみ・臭みが管弦楽とこんなに合うなんて!
 エスカフローネのOSTは溝口肇の曲も多数収録しているが、基本イってる菅野(ヒドイ…)と基本落ち着いてる溝口とで作風がぶつかりそうなんだけれども、一枚のアルバムとしてみた時に良い塩梅になっている。






坂本真綾

 最近この人の歌を弾き語ってます。
 汚してます…







菊田裕樹

 聖剣からのファンです
ごつごつしたパーカッションと抜けのいいメロの組み合わせは、この人が至上です!






ゲームミュージック






映画

 五点満点で、四点以上をつけたものを紹介していきます。
 新しいレビューは上に並べていきます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。