スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Where Angel Fear to Tread / 菊田裕樹

とあるおばかさんが、おばかな仲間を見つけて和気藹々とカルテットくんで、およそおばかな曲を弾いているんだそうです。
うらやましすぎます。

僕もそういうおばか企画に真剣に乗ってくれる人をいち早く見つけないと、と、へんな対抗意識が芽生えました。
とある動画サイトで弾いてるの見れるよ。




わたし、楽器で、おばかさんを一瞬で特定できました。
あと、チェックのシャツお好きですよね、とか。

やだなぁ、いやがらせじゃないですよ?


で、そんな流れでおばかさんが浄書ソフトに悪戦苦闘っぽかったので、こう、かいてやったわけですよ、私が。


といううわけでは決してなく、以前メロは書き起こしていたので、ついでだし仕上げちゃうかなという思いから、「良かったら書きますよ」ってことで、仕上げました。
あわせるとか聞いたから、練習番号まで入れちゃったもんね。




聖剣3のOP曲。
画面とよくあっていて、感動した覚えがあります。
確か、ライナーノートにそのあたりの苦労も読んだ気がする。






曲名:
聖剣伝説3 O.S.V. Disc1より トラック02
Where Angel Fear to Tread

作曲者: 菊田裕樹

演奏時間: 2:45(原曲)

編成:
弦楽カルテット


音源・スコア:
score&sound > Whr Angl Fear to Trd > Where Angel Fear to Tread.zip
This zip file includes the score, part scores, mp3 file, and liner note.
http://briefcase.yahoo.co.jp/shigero_va/





ワタシのインプレッションというか、そういうものを。



Va と Vc で作る完全五度を土台に、Fis-moll の悲壮感を漂わせて始まります。
C まで続く16分パッセージはテンポを緩めず速まらず、淡々と通しましょう。


B からは H-moll に転調して同じメロディを、2nd のハモりを加えて繰り返します。
この曲はゲーム音楽だけに演奏時間が短く展開が早いので、以降も転調を落とさないようにしましょう。
Vc の con anima は、mp で始まる Va へと、25小節目からの 2nd は、31小節目で Va へ、逆に 29小節目からの Va は 31小節目で 2nd へ受け渡してください。





C から二拍子系に拍感が変わるのに注意してください。
相変わらず短調で悲壮感が消えるわけではないけれども、D 前のフェルマータに向かって、以前より前向きな感じを出しましょう。
1st さんの con sentimento が雰囲気を握ります。
Va と Vc の五度は、1st にあわせて、sotto voce で始まるぐらいでもいいかもしれません。
アラルガンドはとにかくたっぷりと、フェルマータは満足するまで!


D からパキッと雰囲気を変える、Vc の付点のリズムが始まります。
決然とした音にのっていきましょう。
C からの雰囲気を変えるのは、チェロです。

2nd のピチカートはグロッケンをイメージして。
同音が続くところは一音目より二音目、二音目より三音目というように、減衰するようにはじいてください。
でも一音目はしっかりと。
弦でのっぺりしがちなところをひきしめましょう。
かなり思い切ってはじいても、雰囲気を壊すことはないかもしれません。

1st と Va はお互いを意識して絡み合うように。

69小節目から気持ちはストリンジェンド。
テンポを速める必要はないですが、気持ちをどんどん高めていきましょう。
1st と Vc はしっかり聞きあって、推進力を生み出せるようにかっちりとはめましょう。


最後の和音は Asus4/D(rootD+A+D+E) です。
解決しきらない、何かを予感させる、希望をにおわせる響きで締めましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 作詞・作曲 - ジャンル : 音楽

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Information




FAUCHET

  • かいてるひと:FAUCHET
  • ないよう: ヴィオラ・オーケストラ・なんちゃって書評あたりを軸に、いろんな音楽からサブカルまでなんでもあり。つまり実が無い。

    しゃしんのびよら: 名前つけると愛着湧くかなぁと思って、良く鳴るから「メイ」にしたんだけど、全然違う名前でみんなに好き勝手呼ばれるふびんなこ
    ばいよりんじゃないよ!

     C線: えばぴらっつぃ
     G線: えばぴらっつぃ
     D線: えばぴらっつぃ
     A線: すぴろこあ

    *ごちゅうい*
    かいてるのはあたまがイタイひとなので、てきぎスルーしてね♪

Recent Entries
Archives
03 02 12 10 09 08 07 06 05 03 02 01 12 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 
Category
Recent Trackbacks
Total
全タイトルを表示
Bookmarks
アクセス解析

経県値
Recommend




 ここではヴィオラを中心に見たクラシックや、菅野よう子と菊田裕樹を中心にしたサウンドトラック、また映画のレビューを付けています(クリックでレビューへ移動)。


ヴィオラ

 今井信子ユーリ・バシュメットあたりのどちらかというとソリスティックな演奏が好み。
 国内版から、隠れた良盤・海外盤まで、少しずつ紹介を増やしていきたいです。






菅野よう子

 型にはまりすぎず、かといって書き散らすわけでもない。絶妙なバランス感からくる魅力。えぐみ・臭みが管弦楽とこんなに合うなんて!
 エスカフローネのOSTは溝口肇の曲も多数収録しているが、基本イってる菅野(ヒドイ…)と基本落ち着いてる溝口とで作風がぶつかりそうなんだけれども、一枚のアルバムとしてみた時に良い塩梅になっている。






坂本真綾

 最近この人の歌を弾き語ってます。
 汚してます…







菊田裕樹

 聖剣からのファンです
ごつごつしたパーカッションと抜けのいいメロの組み合わせは、この人が至上です!






ゲームミュージック






映画

 五点満点で、四点以上をつけたものを紹介していきます。
 新しいレビューは上に並べていきます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。