FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千と千尋の神隠し / 宮崎駿. スタジオジブリ

千と千尋の神隠し (通常版)
やっとみました、『千と千尋の神隠し』。
激しくいまさらですが、わたし今まで見たことなかったんです。
ということで感想。





ハヤオをロリジジイと思っていてすいませんでした。
いや、たぶんロリ爺なのは間違いないけれど、天才ですね、この人。
悔しいけれどありとあらゆる面で、今まで俺が見てきたものを凌駕してた。



冒頭にオトナ帝国、そして中盤にAKIRAと、他の映像作品や漫画の影響が見え隠れしてたけれど、本人意識できてるのか。
多分気づいてないんだろうな。
もしかしたらほんまに知らんのかも知らんけれど、第三者から見るとかなり影響されてしまってるように見える。
別にそれが嫌悪感を抱かせるとか言う性質のものではないけれど。


序盤、ちょっとそれは安すぎんのとちゃうのって感じる、覆い切れてない寓意(川の神様がどばどばごみ吐き出すとか)に、「やっぱりハヤオはハヤオか」感を抱かされたものの、それ以降は引き込まれちゃいました。
ヤッパリくやしい。
もののけとか、かなり好きなんだけれど、パヤオのメッセージが伝われば伝わるほど、反発しちゃうんよね。
そんなんわかってるよ、って。
もっとメタなものを作品に込めてよ、って。



今回、もののけより数段昇華された風に感じた。
より抽象化され、一般化されている。
それでも具体性あるいは個別性を感じてしまうのは、作者の個性というか、ある程度は仕方ないことなんやろうね。


テーマと世界設定も、表現して伝えるという点では一番よかったんじゃないかなぁ。
八百万の神が息づく世界での一人の少女の成長、その影に自己同一性。
具体的なゴール(両親を助ける)は設定されているけれど、幼いだけにいろいろと「無意識的に」目移りしてんのよね。
そこが功を奏している風に思う。
今までのハヤオ作品にありがちだった不自然さ、つまりハヤオの意志が、少女という幼いがゆえにアジテーションから距離のあるフィルターを通すことによって、観客との親和性を高められている。
恐ろしいほどのスルっと感。
これはなかなか味わえたもんじゃないよ。

自己同一性については、せっかく名前っていう題材があったのだから、後一歩踏み込めた気がする。
密度としても、全編通じて高かったわけではないし(かといって繰り込んだところで、それが作品全体の質を低下させてしまうかもしれないが)。




音楽も、今までのジブリで一番でした。
わりと意識してハズしてきてるよね?

ラストのテーマでピアノが出張ってくるあたりは、いままでのジョーヒサイシのお得意ベタパターンで、「ああきたきた」と思うけれど、やっぱり悔しいことにうまいのよね。
「わし、ぴゃーののエエとこわかってますねんで?」みたいな。
シンプルな弦のうえに、装飾っけのないクリアなピアノがよく映える。



『いつも何度でも』はこの映画のために作られたのか、それとも歌が先にできてたのか。
後者ならすごい偶然よね。
歌詞が嵌まりすぎです。
生死という側面から、自己同一性へアプローチする余地を与えてくれているように感じるな。
この視点から組み込むとなると、シナリオがかなりキツキツになっちゃうのかな、やっぱり。
うーん。
そこまでいかなくてもいいから、「『わたし』に付随する浮遊感」みたいなものを、少女の視点から少しは表現してほしかったな。




絵では、静謐な水面がすごい。
描き手の魂感じる。
あの質感はぞくぞくしました。

キャラデザも、おっちゃんのつぼ。
キャラクター、いっちいち細かいとこが動くしね!!
たまらん。
登場人物全員かわいいと思えるのは、年食ったせいなんでしょね。


あと、夏木マリと菅原文太がうますぎる。
大泉洋、このころすでに東京出てきてたんやね。
我修院達也、声だけなのにすごい存在感でびびる。
むかしのあなたは・・・・もっと・・・・






しかし、千尋さん、お相手が川って言うのは、どうなの。
川萌えという新しいジャンル。
無生物をさらに突き抜けて、無機物にまで手を伸ばした女として、後世語り継がれることは間違いない。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 千と千尋 神隠し ジブリ 宮崎駿 アニメ 映画

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【大泉洋】についてブログや通販での検索結果から見ると…

大泉洋 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…
Information




FAUCHET

  • かいてるひと:FAUCHET
  • ないよう: ヴィオラ・オーケストラ・なんちゃって書評あたりを軸に、いろんな音楽からサブカルまでなんでもあり。つまり実が無い。

    しゃしんのびよら: 名前つけると愛着湧くかなぁと思って、良く鳴るから「メイ」にしたんだけど、全然違う名前でみんなに好き勝手呼ばれるふびんなこ
    ばいよりんじゃないよ!

     C線: えばぴらっつぃ
     G線: えばぴらっつぃ
     D線: えばぴらっつぃ
     A線: すぴろこあ

    *ごちゅうい*
    かいてるのはあたまがイタイひとなので、てきぎスルーしてね♪

Recent Entries
Archives
03 02 12 10 09 08 07 06 05 03 02 01 12 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 
Category
Recent Trackbacks
Total
全タイトルを表示
Bookmarks
アクセス解析

経県値
Recommend




 ここではヴィオラを中心に見たクラシックや、菅野よう子と菊田裕樹を中心にしたサウンドトラック、また映画のレビューを付けています(クリックでレビューへ移動)。


ヴィオラ

 今井信子ユーリ・バシュメットあたりのどちらかというとソリスティックな演奏が好み。
 国内版から、隠れた良盤・海外盤まで、少しずつ紹介を増やしていきたいです。






菅野よう子

 型にはまりすぎず、かといって書き散らすわけでもない。絶妙なバランス感からくる魅力。えぐみ・臭みが管弦楽とこんなに合うなんて!
 エスカフローネのOSTは溝口肇の曲も多数収録しているが、基本イってる菅野(ヒドイ…)と基本落ち着いてる溝口とで作風がぶつかりそうなんだけれども、一枚のアルバムとしてみた時に良い塩梅になっている。






坂本真綾

 最近この人の歌を弾き語ってます。
 汚してます…







菊田裕樹

 聖剣からのファンです
ごつごつしたパーカッションと抜けのいいメロの組み合わせは、この人が至上です!






ゲームミュージック






映画

 五点満点で、四点以上をつけたものを紹介していきます。
 新しいレビューは上に並べていきます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。