スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピチカート倶楽部 - 第二回

ピチカート倶楽部 - 第二回


全国に数多いるであろう、部員の皆さんこんばんは。
今宵もピチカートの調べに身を委ねようではありませんか。



ということで誰も待っていない第二回です。


基本的に同じリズムパターンなので、イントロある程度把握したら、ここまではすらすらいけるはず。
デッドスポットにはシンプルにフメンどおりのを入れるもよし、シブかっこいいので決めるもよし。



つぎからはなかなか厳しいです。
ハモリながら、デッドスポットにベースを弾くというびよら臭いことを、したの赤いほうがやります。
画像の最後の小節に少しその片鱗が。

たのしいよ。
ただし、忠実にやるとハモリがムズ過ぎるので、多分少しいじっちゃうかも・・・
ハモリよりも上のひっぱってるコーラスを生かすかもしれない。




ていうかさ、ばいよりんが一番弾きやすいね、これ。
びよらやと、22-23小節のハモリが苦しい・・・っ!!




サムネからサムネにリンクしてたのを修正。

フメンの画像ちゃんと出るよ。
スポンサーサイト

テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Information




FAUCHET

  • かいてるひと:FAUCHET
  • ないよう: ヴィオラ・オーケストラ・なんちゃって書評あたりを軸に、いろんな音楽からサブカルまでなんでもあり。つまり実が無い。

    しゃしんのびよら: 名前つけると愛着湧くかなぁと思って、良く鳴るから「メイ」にしたんだけど、全然違う名前でみんなに好き勝手呼ばれるふびんなこ
    ばいよりんじゃないよ!

     C線: えばぴらっつぃ
     G線: えばぴらっつぃ
     D線: えばぴらっつぃ
     A線: すぴろこあ

    *ごちゅうい*
    かいてるのはあたまがイタイひとなので、てきぎスルーしてね♪

Recent Entries
Archives
03 02 12 10 09 08 07 06 05 03 02 01 12 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 
Category
Recent Trackbacks
Total
全タイトルを表示
Bookmarks
アクセス解析

経県値
Recommend




 ここではヴィオラを中心に見たクラシックや、菅野よう子と菊田裕樹を中心にしたサウンドトラック、また映画のレビューを付けています(クリックでレビューへ移動)。


ヴィオラ

 今井信子ユーリ・バシュメットあたりのどちらかというとソリスティックな演奏が好み。
 国内版から、隠れた良盤・海外盤まで、少しずつ紹介を増やしていきたいです。






菅野よう子

 型にはまりすぎず、かといって書き散らすわけでもない。絶妙なバランス感からくる魅力。えぐみ・臭みが管弦楽とこんなに合うなんて!
 エスカフローネのOSTは溝口肇の曲も多数収録しているが、基本イってる菅野(ヒドイ…)と基本落ち着いてる溝口とで作風がぶつかりそうなんだけれども、一枚のアルバムとしてみた時に良い塩梅になっている。






坂本真綾

 最近この人の歌を弾き語ってます。
 汚してます…







菊田裕樹

 聖剣からのファンです
ごつごつしたパーカッションと抜けのいいメロの組み合わせは、この人が至上です!






ゲームミュージック






映画

 五点満点で、四点以上をつけたものを紹介していきます。
 新しいレビューは上に並べていきます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。