スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてたのしくTUTTI

おれのレベルからは一歩も二歩も上な感じの曲を今やってんだけど、初めてたのしく弾けた。
しかもめっちゃ楽しかった。
シンフォニーが頭にあると、いいね。
いっつもシンフォニーで死んでた…。

ところが今回はいつもと逆で、一番シンフォニーが出来たよ。
たのしかった~!
ほんとに、たのしく弾けた。
合わせててすげーたのしかったよ。
四楽章のキモいところ意外はだいたい弾けてきたってと、四人しか居なかったってのも大きいのかもね。
人数多いとやっぱ合わせづらい。
それにしても、四人しかいないけど良くまとまってた気がする。
少人数しかいないのに、まとまってて、しっかりきこえる。
これってとっても、『フレッシュ!!』(三村っぽく)でしたよ。
四人全員なんかザッツみたいなの出してんのも面白かった。
癖出るね。
人間本来のハアハアセンサーですよ、あれは。
背中で表情筋の動きがわかる。

あと、ほんの少しでも余裕を持てると、いろいろ見えてくるなあと思った。
センセーの言葉の助けもあって、ちょっとずつ「なんちゃってアナリーゼ」がまとまってきた。
というかむしろ、センセーが整理してくれているだけなのかもしれない…
その可能性は限りなく大。



アンコールは、「キモい曲ですね」。
しかし、個人的には好きかも…
まだ一回合わせただけだからよく分かってないけど、やりたいことやってる感が。
ぶっきらぼうに終わる。



コンチェルトはやっぱピアノも分かってないとダメだわ。
なんていうか、繋げない。
あっちがどういう感じで終わってんのかわかんないと、すっと入っていけないなぁ。
譜面づらもそうだけど、ハアハア具合がわかんないと難しいね。
あと、冒頭、なんかベースがフラジオっぽい音してた。
ずーっと同じ形のアルペジオなんだけど、なんかやってんのかな…。
個人的にはすげーいい響きすんなあとか思ってた。

このとき、疲労がピークで意識が飛んで、何回か入れなかったとこがあった…すんません…



くうぷらんのはかは何回弾いても「ふわふわしてる」。
少しずつ分かってはきたけど、まだまだ底が見えない。
っていうか、きっと本番まで分かんない気がする。
ほんと、難しいわ。
譜面づらと難易度って、全く関係ないね。
今回の場合シンフォニーが一番えぐいんだけど、しかし、あっちは譜面見れば「なにを求められてるのか」がわかりやすい。
いちいちテヌートとかアクセントとか書き込んでくれてる。
その通りに試してみれば、何となくでも、わかる。
ところが、らべるくんはわかんないね。
ふわっふわ。

本番までにはなんとかしないとなぁ。



チケット渡してないの気づいた。
あげるっつったのに、もらってないってひとはなんとかして渡すつもりではいますが、会えなかった場合はそういうことにしましょう、ね。

だって…見られたくない姿って…あるじゃん…?
オチて焦ってるのが 99% とか、痛いじゃん…?
スポンサーサイト

テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Information




FAUCHET

  • かいてるひと:FAUCHET
  • ないよう: ヴィオラ・オーケストラ・なんちゃって書評あたりを軸に、いろんな音楽からサブカルまでなんでもあり。つまり実が無い。

    しゃしんのびよら: 名前つけると愛着湧くかなぁと思って、良く鳴るから「メイ」にしたんだけど、全然違う名前でみんなに好き勝手呼ばれるふびんなこ
    ばいよりんじゃないよ!

     C線: えばぴらっつぃ
     G線: えばぴらっつぃ
     D線: えばぴらっつぃ
     A線: すぴろこあ

    *ごちゅうい*
    かいてるのはあたまがイタイひとなので、てきぎスルーしてね♪

Recent Entries
Archives
03 02 12 10 09 08 07 06 05 03 02 01 12 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 
Category
Recent Trackbacks
Total
全タイトルを表示
Bookmarks
アクセス解析

経県値
Recommend




 ここではヴィオラを中心に見たクラシックや、菅野よう子と菊田裕樹を中心にしたサウンドトラック、また映画のレビューを付けています(クリックでレビューへ移動)。


ヴィオラ

 今井信子ユーリ・バシュメットあたりのどちらかというとソリスティックな演奏が好み。
 国内版から、隠れた良盤・海外盤まで、少しずつ紹介を増やしていきたいです。






菅野よう子

 型にはまりすぎず、かといって書き散らすわけでもない。絶妙なバランス感からくる魅力。えぐみ・臭みが管弦楽とこんなに合うなんて!
 エスカフローネのOSTは溝口肇の曲も多数収録しているが、基本イってる菅野(ヒドイ…)と基本落ち着いてる溝口とで作風がぶつかりそうなんだけれども、一枚のアルバムとしてみた時に良い塩梅になっている。






坂本真綾

 最近この人の歌を弾き語ってます。
 汚してます…







菊田裕樹

 聖剣からのファンです
ごつごつしたパーカッションと抜けのいいメロの組み合わせは、この人が至上です!






ゲームミュージック






映画

 五点満点で、四点以上をつけたものを紹介していきます。
 新しいレビューは上に並べていきます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。