スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪魔の棲む家 / マイケル・ベイ

3

脚本: ★★★☆☆
映像: ★★★☆☆
音楽: ★☆☆☆☆

総合: ★★☆☆☆


バイオハザードやったんですよ、昔。
館にはいるとさ、ゾンビ犬が窓突き破ってぶわって大量に出てくんの。
PS のコントローラを投げたボク。
それ以降プレイしてない。

バイオハザード 2 やったんですよ、昔。
頭悪いから 1 でビビりまくったこと忘れてんの。
でもやっぱり、途中でビビってやめたの。

そんなボクチンがなんでホラー映画見ようと思ったかっつーと、好き嫌いはダメだよねーとか思ったからなんですよね。
で、見たわけだけれど。


今後一生、ホラーをすすんで見ることはないだろう思います。


やっぱ向いてないわ、こういうの。
ビビリシーンで見事にビビるおれ。
ビクってなって腰浮いたりしてんの…。
前の人とか全く何もなってないの。
前のひとは女の人ね。
おれ男。
わかる?この恥ずかしさ。

本気でハズい。
照れ隠しでにやにや笑っちゃったりとかしてんの。
キモッ

びくびくしっぱなしで、見ながら、見に来たことを後悔してましたよ。
バカですね。



ま、そんなキモい話はおいといて、中身。
ホラー映画だから音楽はあれ系の奴で、特に思うことはなし。
サントラでたとしても全く興味はないだろうな。
脚本に関しても、リメイクだから、ね…。
やっぱり特に思うことはなし。
演出面で一つ挙げるなら、ビデオカメラで撮影するシーンがあるんだけれど、あれはなんかうざかった。
後々使われるから、ムダではないんだけれど、なんかあそこだけ浮いてたな。
他の表現方法を模索した方がいい気がする。

映像に関しても、特に…。
人を怖がらせるための仕掛けはいっぱいしてるんだろうけれど、オジサンがそういうのにあんまり興味持ってないのと、何よりビビリまくりでそれどころじゃなかったために、評価できんよ。

とりあえず言えるのは、オッサンをハアハアさせるキメキメの映像はなかったです、よ。
おれの求めるものはなかった。


1

2




- 悪魔の棲む家 -
http://www.foxjapan.com/movies/amityville/



マイケル・ベイ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%99%E3%82%A4
スポンサーサイト

テーマ : 公開予定前の映画 - ジャンル : 映画

comments

チェロリストがエロテロリストに見えてインリンを連想したボクは、死ぬべきでしょうか。
ホラーは死んでも見ません。ありがとうございます。

ベロニカってゲームキューブでしたっけ?
オジサンの持ってるハードは PS ぐらいのもんですよ。
ハハ


http://travel.innolife.net/list.php?ac_id=16&ai_id=2604

の解説文が好い感じにイタイのにボクはシビれます。
そしてモデルの女の子に腐女子臭を感じて、胸の高鳴りは止みません。

こんなホラー映画ありまっせ

『チェロ』 - ホン・ミジュ一家殺人事件

http://contents.innolife.net/listm.php?ac_id=7&ai_id=7431

バイオも慣れれば楽しーよ、ベロニカとか

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Information




FAUCHET

  • かいてるひと:FAUCHET
  • ないよう: ヴィオラ・オーケストラ・なんちゃって書評あたりを軸に、いろんな音楽からサブカルまでなんでもあり。つまり実が無い。

    しゃしんのびよら: 名前つけると愛着湧くかなぁと思って、良く鳴るから「メイ」にしたんだけど、全然違う名前でみんなに好き勝手呼ばれるふびんなこ
    ばいよりんじゃないよ!

     C線: えばぴらっつぃ
     G線: えばぴらっつぃ
     D線: えばぴらっつぃ
     A線: すぴろこあ

    *ごちゅうい*
    かいてるのはあたまがイタイひとなので、てきぎスルーしてね♪

Recent Entries
Archives
03 02 12 10 09 08 07 06 05 03 02 01 12 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 
Category
Recent Trackbacks
Total
全タイトルを表示
Bookmarks
アクセス解析

経県値
Recommend




 ここではヴィオラを中心に見たクラシックや、菅野よう子と菊田裕樹を中心にしたサウンドトラック、また映画のレビューを付けています(クリックでレビューへ移動)。


ヴィオラ

 今井信子ユーリ・バシュメットあたりのどちらかというとソリスティックな演奏が好み。
 国内版から、隠れた良盤・海外盤まで、少しずつ紹介を増やしていきたいです。






菅野よう子

 型にはまりすぎず、かといって書き散らすわけでもない。絶妙なバランス感からくる魅力。えぐみ・臭みが管弦楽とこんなに合うなんて!
 エスカフローネのOSTは溝口肇の曲も多数収録しているが、基本イってる菅野(ヒドイ…)と基本落ち着いてる溝口とで作風がぶつかりそうなんだけれども、一枚のアルバムとしてみた時に良い塩梅になっている。






坂本真綾

 最近この人の歌を弾き語ってます。
 汚してます…







菊田裕樹

 聖剣からのファンです
ごつごつしたパーカッションと抜けのいいメロの組み合わせは、この人が至上です!






ゲームミュージック






映画

 五点満点で、四点以上をつけたものを紹介していきます。
 新しいレビューは上に並べていきます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。