FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オケの練習に参加

オケの練習に出る。
やめようかと思ったけど、やめなくって良かったと思った。

正直、あまり練習できていなくて、かなりダメダメ。
きっと体積にして 5% はしぼんだと思います!
一月にはパー練もあるしがんばってさらっとこう。

あまりに譜面が読みにくいのが不快。
しかし、これは暗譜すればいいだけの話で、言い訳してるだけかもしれないな。
Finale で浄書しているんだけれど、また変拍子・転調激しい曲で、その上連符がぽろぽろ出るから入力しずれー!
いらいらする。
ので、未だ 10% ほどの達成率。
このままいくと無理なんちゃうんかよ…



練習後の飲み会が楽しかった!
元々入ってたオケってのが、まあ例えるならば駅弁大学のオケで、良くも悪くも閉鎖的。
人の出入りが少なくて他大学との繋がりがあんまりなかったんだけれど、新しいオケに入って一気に繋がりが出来た。
特にこの日の飲み会は、勢いでカルテット・クィンテット・ゼクステット・セプテットとかも組んじゃった!
関心領域が重なる人たちとのおしゃべりってのはほんとに楽しくて、どんな話をしても、誰かがついてくる。
ボロディンの弦楽四重奏曲第二番の話で BS って誰かがポロっていうとみんなで頷いて、BS2 深夜の「あの映像」について語りが始まったり、ね。(あの映像、ほんとにキレイですげー好き)
あと、某女子大生譜面収集家から、「桐朋の図書館に電話すれば図書館経由で譜面が借りられる」事を知った。
ボクのちせいが 2 ぐらいあがったとおもいます。(ファンファーレを伴って)
あと、やっぱうまいひとが高い楽器持ってるってわけじゃないね。
安い楽器でもうまい人ってごろごろいるってのを改めて知って、なんかあると直ぐ楽器楽器いうのは絶対にしないようにしようと思いました、よ。


ま、あれだ、いろんな人の中に身をおくって事は、大事だよね。
もう人生の1/4は間違いなく過ぎてしまったから、死ぬまでのうちにどれだけ自分の体積と密度を大きくできるか、それを考えて頑張ろうとか、なんかキモいことも思いました、よ。
いや、死ぬ時に絶対後悔はすると思うんだけれど、その程度を少しでも小さくしたいんですよ、ハハ。
あれ、なんだか、ルボックスあたりが必要な勢いになってきたゾー

ワー
スポンサーサイト

テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Information




FAUCHET

  • かいてるひと:FAUCHET
  • ないよう: ヴィオラ・オーケストラ・なんちゃって書評あたりを軸に、いろんな音楽からサブカルまでなんでもあり。つまり実が無い。

    しゃしんのびよら: 名前つけると愛着湧くかなぁと思って、良く鳴るから「メイ」にしたんだけど、全然違う名前でみんなに好き勝手呼ばれるふびんなこ
    ばいよりんじゃないよ!

     C線: えばぴらっつぃ
     G線: えばぴらっつぃ
     D線: えばぴらっつぃ
     A線: すぴろこあ

    *ごちゅうい*
    かいてるのはあたまがイタイひとなので、てきぎスルーしてね♪

Recent Entries
Archives
03 02 12 10 09 08 07 06 05 03 02 01 12 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 
Category
Recent Trackbacks
Total
全タイトルを表示
Bookmarks
アクセス解析

経県値
Recommend




 ここではヴィオラを中心に見たクラシックや、菅野よう子と菊田裕樹を中心にしたサウンドトラック、また映画のレビューを付けています(クリックでレビューへ移動)。


ヴィオラ

 今井信子ユーリ・バシュメットあたりのどちらかというとソリスティックな演奏が好み。
 国内版から、隠れた良盤・海外盤まで、少しずつ紹介を増やしていきたいです。






菅野よう子

 型にはまりすぎず、かといって書き散らすわけでもない。絶妙なバランス感からくる魅力。えぐみ・臭みが管弦楽とこんなに合うなんて!
 エスカフローネのOSTは溝口肇の曲も多数収録しているが、基本イってる菅野(ヒドイ…)と基本落ち着いてる溝口とで作風がぶつかりそうなんだけれども、一枚のアルバムとしてみた時に良い塩梅になっている。






坂本真綾

 最近この人の歌を弾き語ってます。
 汚してます…







菊田裕樹

 聖剣からのファンです
ごつごつしたパーカッションと抜けのいいメロの組み合わせは、この人が至上です!






ゲームミュージック






映画

 五点満点で、四点以上をつけたものを紹介していきます。
 新しいレビューは上に並べていきます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。