FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館で借りた本

17日(水)まで



物理入門コース 7 熱・統計力学
物理入門コース 7
熱・統計力学

戸田 盛和

岩波書店 1983/01
¥ 2,520

物性物理学の演習で必要があったので、熱力学の初歩を復習。
人に説明するには、やはり自分の中ではしっかりと定義を確認する必要がある。





バーロー物理化学〈下〉
バーロー物理化学〈下〉
G.M. バーロー (GORDON M. BARROW)
大門 寛
堂免 一成

東京化学同人 1999/05
¥ 4,620

講義の教科書。
しかし、はっきしいって、この本が良書とは思えない…
いろいろな本を探すのが面倒な人には良いんだろうけど、なんというか、良い所取りのせいで論理をぼかしているように見えるところがあって、人に勧めがたい。
今は量子力学のところだけれど、……?なかんじ。
いいの、それで。
化学系の人たちの講義なんだけれど、ほんとに量子力学分かってんのだろうか。
アレで分かってたら、ボーアもプランクもシュレーディンガーも目じゃないと思う。
だって、理論くみ上げる前に結論示されて、納得できるって事なんだから!
みんなが理論をないがしろにしているのかそれとも自分が原理主義なだけか、どっちかだな。
そーなんです、ボクチンは実は原理主義者なんです。
物事は細分化して根本から見ないと。とか思っちゃう、よ。





図説 金枝篇
図説 金枝篇
サー・ジェームズ・ジョージ フレーザー(著)
(Sir James George Frazer)
サビーヌ マコーマック(編集)
(Sabine MacCormack)
内田 昭一郎 吉岡 晶子(翻訳)

東京書籍 1994/11
¥ 4,893


再び借りる。
やはり内容が濃く、簡単には読めない。



スポンサーサイト

テーマ : 図書館で借りた本 - ジャンル : 本・雑誌

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Information




FAUCHET

  • かいてるひと:FAUCHET
  • ないよう: ヴィオラ・オーケストラ・なんちゃって書評あたりを軸に、いろんな音楽からサブカルまでなんでもあり。つまり実が無い。

    しゃしんのびよら: 名前つけると愛着湧くかなぁと思って、良く鳴るから「メイ」にしたんだけど、全然違う名前でみんなに好き勝手呼ばれるふびんなこ
    ばいよりんじゃないよ!

     C線: えばぴらっつぃ
     G線: えばぴらっつぃ
     D線: えばぴらっつぃ
     A線: すぴろこあ

    *ごちゅうい*
    かいてるのはあたまがイタイひとなので、てきぎスルーしてね♪

Recent Entries
Archives
03 02 12 10 09 08 07 06 05 03 02 01 12 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 
Category
Recent Trackbacks
Total
全タイトルを表示
Bookmarks
アクセス解析

経県値
Recommend




 ここではヴィオラを中心に見たクラシックや、菅野よう子と菊田裕樹を中心にしたサウンドトラック、また映画のレビューを付けています(クリックでレビューへ移動)。


ヴィオラ

 今井信子ユーリ・バシュメットあたりのどちらかというとソリスティックな演奏が好み。
 国内版から、隠れた良盤・海外盤まで、少しずつ紹介を増やしていきたいです。






菅野よう子

 型にはまりすぎず、かといって書き散らすわけでもない。絶妙なバランス感からくる魅力。えぐみ・臭みが管弦楽とこんなに合うなんて!
 エスカフローネのOSTは溝口肇の曲も多数収録しているが、基本イってる菅野(ヒドイ…)と基本落ち着いてる溝口とで作風がぶつかりそうなんだけれども、一枚のアルバムとしてみた時に良い塩梅になっている。






坂本真綾

 最近この人の歌を弾き語ってます。
 汚してます…







菊田裕樹

 聖剣からのファンです
ごつごつしたパーカッションと抜けのいいメロの組み合わせは、この人が至上です!






ゲームミュージック






映画

 五点満点で、四点以上をつけたものを紹介していきます。
 新しいレビューは上に並べていきます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。